戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleAnalyticsのリアルタイムAPI Java版の使い方 step2


前回の続きです。前回記事はこちら

2.リアルタイムAPIベータ版利用登録


Google Analytics のリアルタイムAPI(Google Analytics Real Time Reporting API v3)は、まだベータ版(2013年10月時点)です。そして、他のAnalyticsのAPIとは異なり、利用するための登録が必要になります。

登録ページはこちらです。
https://docs.google.com/forms/d/1qfRFysCikpgCMGqgF3yXdUyQW4xAlLyjKuOoOEFN2Uw/viewform

登録してから、APIが利用できるようになるとメールが届きますが、メールが届くまでに、私の場合は2日ほどかかりました。
早くメールをもらうためにも、英語で登録した方が良いと思います。登録時に必須で書かなければならない項目は多くないので、面倒でも英語で登録しましょう。

また、APIs Console Project Number には、step1でGoogle API consoleに登録した際に払い出された番号を指定します。

メールが届かなくても、準備やコーディングはできるので、さっさと登録を済ませてコーディングに取り掛かりましょう。
メールが届かない限り、実行時にエラーになりますが。。。それまでにやることはたくさんあります。


3.クライアントライブラリのダウンロード



Java版のjarファイルをダウンロードします。最新版は以下のサイトの「Download the Google Analytics API v3 Client Library for Java」のリンクにあります。
https://developers.google.com/api-client-library/java/apis/analytics/v3

展開すると、多くのjarファイルなどがありますが、必須なものは以下です。執筆時点(2013年10月)では、バージョン1.17.0でした。
google-api-services-analytics-v3-rev67-1.17.0-rc.jar
google-api-client-1.17.0-rc.jar
google-oauth-client-1.17.0-rc.jar
google-http-client-1.17.0-rc.jar
jsr305-1.3.9.jar

また、データの受け渡しの形式に応じて、以下のjarファイルが必要になります。
私は、Jackson2を使いました。

google-http-client-gson-1.17.0-rc.jar (when using GSON)
gson-2.1.jar

google-http-client-jackson2-1.17.0-rc.jar (when using Jackson 2)
jackson-core-$2.1.3.jar

google-http-client-jdo-1.17.0-rc.jar (when using JDO)
jdo2-api-2.3-eb.jar

他のjarファイルは、AndroidやGoogle App Engine などの利用用途に応じて必要になってきます。

使っていないjarファイルが存在していることに抵抗がなく、何を使えばよいかよくわからない場合は、全部のjarファイルを登録しても構いません。


4.コーディング時に必要な情報の確認


この手順は、Application Type によって、多少変わってきます。私は、Service account を使用したので、その手順を説明します。
Service account では、①秘密鍵ファイル、②Service accountのID、③AnalyticsのビューID、がコーディング時に必要です。

①は公開鍵暗号方式の認証で必要となるファイルであり、利用側(るる鯖側)では秘密鍵を保持しておき、この鍵を使ってAnalytics情報の利用認証を行います。秘密鍵をもっていること=Analytics情報へのアクセス権を有する ということになるので、この秘密鍵は絶対に他人に渡したりしないで下さい。

秘密鍵は、step1のプロジェクト登録の手順で作成済みのp12拡張子のファイルです。
秘密鍵は、Google API console から再作成することもできます。

②Service accountのIDも、コーディング時に必要になってきます。これは、step1のGoogle API consoleで確認できます。
ClientIDの内容ではなく、Email addressをIDとして使用します。紛らわしい…。
**************@developer.gserviceaccount.comの形式のものです。

次に③AnalyticsのビューID(profileID)を確認します。これはAnalyticsのビューごとに割り当てられている番号ですが、どこに情報があるのかが非常にわかりにくいです。

Analyticsにログインして、

 アナリティクス設定→(画面右側の)ビュー設定→ビューID

にあります。

以上の情報を押さえておいて下さい。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。