戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TortoiseSVNで一旦実施したコミットを、前のリビジョンに戻すのではなく、取り消して戻す


一旦はコミットしたものの、コミットした内容に問題があり、
以前のリビジョンに戻すことって、ありますよね。

このとき、リビジョン指定で戻した後、
戻したソースに別の修正を加えてコミットしようとすると、
競合が発生します。

おそらく、前のリビジョンに戻す機能は、
以前のリビジョンのソース一式を簡単に見たり、Export等してから、
別の修正などは加えずに、また最新リビジョンへ戻すということが前提になっているようです。

ソースに別の変更を加えるようなときは、あらかじめブランチを作成しろ、ということでしょうが、
ブランチを作成するまでもないようなこともありますよね。


で、取り消しの方法ですが、

チェックアウト先のフォルダから、
「TortoiseSVN」 → 「ログを表示」 で、
表示するリビジョンの一覧から、取り消したいリビジョンを選択して、
「このリビジョンにおける変更を取り消す」

でできます。

「このリビジョンにおける変更を取り消す」のメニューですが、
チェックアウト先のフォルダから、ログ表示をしないと出てきません。

単にTortoiseSVNのログを表示しても、取り消しのメニューは出ないので、
混乱してしまいました。

取り消し後も、その取り消しをコミットしないと反映されません。
コミットを見落としがちなのでご注意を。


通常eclipseと連携してsvnを使っているという方でも、
TortoiseSVNから操作すれば、取り消すことができます。
残念ながら、eclipseからコミットを取り消すメニューは見つけられませんでした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。