戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuカーネルのダウングレード、grub-reboot


2015年2月に、Ubuntu12.04からUbuntu14.04に
バージョンアップした後、週に1度程度、
OSごと落ちるという事象が発生してました。

コンソール上に、突然次のようなメッセージが出て、
OSごと完全に無応答になり、強制再起動するしかなく、
特にログも残っていないという状況でした。

---------------------------------------------------------
INFO: task ****: blocked for more than 120 seconds.
Not tainted *****************
"echo 0 > /proc/sys/kernel/hung_task_timeout_secs" disables this message.
:
:
---------------------------------------------------------


落ちるようになった契機は、Ubuntuのバージョンアップです。

事象発生後、カーネルパラメータをいじったり、
javaやその他ソフトのバージョンを変更してみたり、
ドライバ変えてみたり、いろいろ試してみたのですが、
解決には至りませんでした。。。

どうしようもないので、12.04を再インストールして、
一から環境構築をし直そうかと考えていましたが、
12.04時代に使っていたカーネル(kernel3.2)が、
/boot配下に残っていたので、
試しにこれで起動してみたら、、、、直ったぽいです。

現在は、Ubuntu14.04(kernel3.13)から、カーネルを変更して、
Ubuntu 14.04(kernel3.2)という微妙な環境で動いてます。

OSが落ちるの根本の原因はわかってません。
カーネルとの相性でしょうか。



今回みたいに、試しにカーネルのバージョンを変えて
再起動するときは、grub-reboot コマンドが便利でした。
次回のOS起動時に限り、使用する grub のメニューを指定するコマンドです。

この設定は、次回のOS起動時の一回のみ有効で、
その次のOS起動時には元に戻るので、
試しにカーネルを変更して起動したいときなどに便利です。

次のように使います。

sudo grub-reboot 1

引数で、grubブートメニューの何番目を使用するか指定します。
1番上のメニューを指定する場合は、0です。
サブメニューがある場合は、sudo grub-reboot '1>2’のように、
>の次にサブメニューの表示番目を指定します。

このコマンドを実行して、3.2系カーネルで起動してからは、
OSが落ちることはなくなったので、
常にkernel3.2系で起動するように、grubのブート設定を変更しました。



その後、・・・

OSは落ちなくなったけど、たまに1~2分程度固まったように
遅くなるという事象が発生しまして、
これについては、るる鯖の検索機能の負荷が原因でした。
検索というおまけの機能で、本来の稼働村の動作に
影響があるのはまずいので、
取り急ぎ、検索機能を無効化して、様子を見てます。

データベースの件数も増えてきて、検索にけっこう負荷がかかるように
なってきたっぽいなあ。

今はるる鯖の全ての機能が1つのサーバ上で動いているんですが、
検索だけを別サーバに切り出すとかしないとか・・・。
でも、別のサーバが必要になるし・・・。

検討中。。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。