戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人女子の書いたコードを直すお仕事をやってみた


野田さんという可愛い新人女子が書いたクソコードを直すだけの簡単なお仕事をやってみました。

たいした速度ではありませんが、Sランク達成できました。

 テストケース1:success 0.08秒
 テストケース2:success 0.1秒
 テストケース3:success 0.23秒

ソートには、Javaの標準APIで用意されているメソッドしか使ってないので、ソートアルゴリズムを見直せばもっと早くなりそうです。

このように、新人野田さんも大喜びです。

「凄いコードですねっ!!私にはこんな効率のいいコード書けませんっ!」


最初は、2つの商品価格の和を金額をリストに全て保持していましたが、商品数が20万点もあって、その組み合わせは200000C2
これがネックになってしまうので、作戦を変更し、最初に全ての和を計算をするのではなく、目標金額に合わせて、解を見つけたらループを抜けて、なるべく不要な計算が少なくなるようにしました。

ある程度頑張ると、

「さすがruruさん。うちは中規模サイトなのでこのコードで乗り切れそうですね!」
と多少自虐的に、慰めの言葉をかけてくれます。

ミスって、コンパイルエラーとなるコードを提出したり、やたらと遅いコードだと、

「ruruさん、ある意味凄いコードですね。新人の私でもそうそうこんなコードかけませんよ。。」
なんてディスられるので、ご注意を・・・。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。