戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

teraterm マクロ/INIファイル/Menu


最近はサーバにログインして同じようなコマンドばかり打っているので、作業を簡略化するために、今更ながらteratermのマクロを導入しようと思い立ちました。

どんなことができるかはなんとなく知っていますが、実際に使うのは初めてです。
定義ファイル(TTLファイル)を作成すると、自動でログインして任意のコマンドを発行できます。
拡張子TTLをttpmacro.exeに関連付ければ、TTLファイルをダブルクリックするだけで実行できます。便利。


ただ、表示するログが長いので、teratermのウィンドウサイズを横長にしたかったのですが、マクロではどうもできない模様。そこで、teratermのINIファイルにウィンドウサイズを設定して、読み込むようにしました。
teratermのショートカットを作って、

  ttermpro.exe /F="INIファイルのパス" /M="TTLファイルのパス"

でできます。
これで、指定したINIファイルでteratermを開き、指定したマクロを実行します。便利便利。


この調子で、いくつかマクロを作ると、管理が面倒になってきたので、teraterm Menu を導入。
接続に使用するユーザ名、マクロ、INIファイルなどをまとめて1つの接続として定義し、それを複数登録できます。

20130406_tmenu.png

登録した接続を、タスクメニューからすぐに呼び出せます。便利便利便利。