戯言

つらつらと気づいたことを書いていきます。人狼とか。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

derbyのバックアップとリストア


バックアップ

ijからもできますが、javaプログラム内から定期的に自動で取るために、以下のようなコードを組みました。
import java.sql.CallableStatement;
import java.sql.Connection;

String backupDirectory = "・・・・・・";
File dir = new File(backupDirectory);

Connection conn = createConnection();  // DB接続用オブジェクトを取得するprivateメソッド
String query = "CALL SYSCS_UTIL.SYSCS_BACKUP_DATABASE(?)";
CallableStatement cs = conn.prepareCall(query);
cs.setString(1, backupDirectory);
cs.execute();

リストア

ijから
connect 'jdbc:derby:(戻し先のパス);restoreFrom=(バックアップのパス)';

例えば、以下の様な感じです。
connect 'jdbc:derby:C:\db\werewolf;restoreFrom=C:\dbBackup\2013.08.15\werewolf';

この1命令だけでOKです。手軽です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。